さんいん味紀行

ホーム > さんいん味紀行 > 奥出雲の食材が満載!!ピコピコの「しまね和牛バーガー」

奥出雲の食材が満載!!ピコピコの「しまね和牛バーガー」

記載の情報は取材当時のもので、現在と情報が異なる場合があります。事前にご確認の上お求めください。

4100.gif


各地の名物を使った「ご当地バーガー」が話題になる中、奥出雲町横田に「しまね和牛」を使ったハンバーガーが登場しました。
数件の店がメニュー化する中、特に評判を呼んでいるのが「バーガーハウス・ピコピコ」の「しまね和牛バーガー」です。
発売から1年が経過した今でも、手づくり感あふれる贅沢な味わいに人気が集まっています。


4101.jpg


荒会さんイチオシの「しまね和牛チーズバーガー(650円)」

「ピコピコ」がしまね和牛バーガーを発売したのは、2009年7月。和牛の旨味たっぷりのパテ、自家製のソース、特製のバンズなど、こだわりが詰まったその味は、瞬く間に話題となり、遠方からもわざわざ食べに来る人がいるほどの人気となっています。



「おやつとしてのバーガーではなくて、食事としてのバーガーが作りたかったんです。ボリュームもあり、栄養もあって、食べた後の満足感も得られる。そんなバーガーに仕上がったと思います」と語るのはオーナーの荒金さん。


一番のこだわりはしまね和牛のパテ。食感と旨味のバランスを考えて、赤身と牛脂の割合や、肉の挽き具合を何度も試行錯誤し完成させました。パテの量は100グラム。通常のハンバーガーのおよそ2倍の量にすることで、しっかりとした食べ応えと、和牛の存在感を感じられる仕上がりになりました。


そのほか、地元産のフレッシュトマトを使った自家製ソースや、町内のパン屋に特別にオーダーする天然酵母のパンズなど、肉以外の食材にもこだわりが詰まっています。それらが一体となったしまね和牛バーガーは、ひと口食べれば違いが分かります。


注文を受けてから焼き上げるパテは、アツアツで香ばしく、和牛の旨味が口いっぱいに広がります。あふれる肉汁は、パンズがしっかり受け止めてくれます。そこにトマトソースのさっぱりした味わいや、野菜の食感が加わり、噛みしめるたびに味に一体感が生まれ、普段食べているハンバーガーとはちょっと違う、贅沢な味わいを堪能することができます。


4102.jpg


ピコピコの定番メニュー「ピコピコバーガーセット(600円)」

スタンダードな「しまね和牛バーガー(600円)」のほか、荒金さんイチオシの「しまね和牛チーズバーガー(650円)」、夏にピツタリの「しまね和牛スパイシーバーガー(620円)」もあります。


「あらゆる年代の人に楽しんでもらえる店にしたい」という思いから、ピコピコにはハンバーガー以外にも、パスタやピザ、定食など、ドリンクを合わせると140種類以上のメニューがあります。地元の食材を使った、こだわりのハンバーガーショップ。しまね和牛バーガーを食べに、ぜひ出かけてみて下さい。


4103.jpg


ハンバーガーはテイクアウトできるが、店内でゆっくり味わうのもオススメ。
横田産のトマトをたっぷり使った「完熟トマトの冷しスパゲティ(880円夏季限定)」(右)

<取材協力>
バーガーハウスピコピコ
島根県仁多郡奥出雲町横田1097
tel.0854-52-2578
[営]8:30~19:00
[休]毎週火曜日定休

さんいん味紀行一覧へ戻る